So-net無料ブログ作成
検索選択

経カテーテル大動脈弁留置術を高度医療に―専門家会議(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の先進医療専門家会議(座長=猿田享男・慶大名誉教授)は3月3日、高度医療評価会議が「高度医療評価制度」の対象に承認している「経カテーテル大動脈弁留置術」について、保険診療との併用が一定の条件の下で認められる「第3項先進医療」(高度医療)に承認した。

 経カテーテル大動脈弁留置術は、弁尖の硬化変性に起因する重度大動脈弁狭窄症が適応症。大阪大医学部附属病院が申請していた。同病院ではこの技術で2例の実績があり、いずれの症例も術後の症状と血行動態の改善が認められたという。

 典型的な1症例に要する費用は計595万2000円。このうち、保険が適用されない高度医療の費用は556万7000円で、このほか保険適用分の費用は38万5000円。ただ、患者負担は一律150万円で、差額は研究助成金で医療機関が負担する。


【関連記事】
先進12技術を「保険導入が妥当」と判断−専門家会議





<10年度予算案>衆院予算委で可決 年度内成立へ(毎日新聞)
<非正規労働者>失職5867人増 2月調査(毎日新聞)
<掘り出しニュース>ハッチ最後の子、名前公募1200件(毎日新聞)
雑記帳 占いカードで足利学校を知る(毎日新聞)
岡山・倉敷で母子3人刺される 同居の男を逮捕(産経新聞)


2010-03-04 14:19  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。